無料で相談できる

弁護士これから自己破産や債務整理をしたいならば、まずは弁護士に相談をしましょう。日本にはたくさんの弁護士がいます。基本的に弁護士事務所を開いており、そこで相談を受け付けています。あるいは相談会のようなイベントを実施していることもあります。自治体がそのような機会を用意していることもあります。無料で借金相談できる機会はたくさん用意されているのです。そのため、気軽に弁護士に会いに行きましょう。

これから相談をする際には自分の借金の状況が分かる書類を用意しておくと良いでしょう。それによって自分の現在の状況を正確に理解してもらうことができます。借入時の明細や債権者の一覧表、さらにクレジットカードも用意しておきましょう。できるだけ正確な状況を伝えることが大切です。それによって、どのような対処をすれば良いのか正確な判断をしてくれます。

初回の相談ですべての話をする必要はありません。たとえば初回相談のあとに弁護士の方で業者から正確な情報を取り寄せてくれます。しっかりと話をすることによって、どのような対処方法があるのかを教えてくれます。どのような手続きをしたいのか決めていなかったとしても、弁護士と話をしながら具体的な対処方法について決めることができます。法律のプロとしてサポートしてくれるでしょう。

必要な手続き

それでは自己破産をするためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。簡単な流れとしては、まず破産申立をして、破産手続きが開始して、免責が決定されます。もし売却資産があるならば、それらはすべて現金化しなければいけません。ただし、個人で自己破産をする場合にはそのような資産がないケースがほとんどでしょう。

頭抱える破産手続きをするためには自己破産申立書類を作成します。そこにはさまざまな書類が含まれます。陳述書や債権者一覧、資産目録、家計状況などです。さらに収入を証明するための書類も要求されます。これらの書類に不備があれば認めてもらえません。また、手続きをするためには費用がかかります。書類を送ったとしても、すぐに決定されるわけではありません。破産審問があって、そのあと官報によって結果が告示されます。そのあとには免責許可決定を受けなければいけません。

このように自己破産の手続きはとても複雑なものであり、時間もかかります。その他の債務整理についても独自の手続きがあり、債権者と交渉しなければいけないこともあるでしょう。これらを個人でしっかりと行える自信がないならば、弁護士に任せておいた方が安心できるでしょう。弁護士は代理人として手続きができるのです。

弁護士は必要か

費用自己破産や債務整理をするために弁護士は必須なのでしょうか。これらは個人でやることも可能です。弁護士を利用するためには費用がかかってしまいます。ただでさえ借金で苦しんでいるのに、余計な費用をかけてまで弁護士を利用したくないという方もいるでしょう。しかし、個人で債務整理の手続きをするのはリスクが大きいです。

債務整理というのは法律的な手続きとなります。そのためさまざまな知識が関わっています。正確な知識を知っていないと正しい行動を取ることができなくなるでしょう。いろいろな書類を作成しなければいけません。お金を借りている相手に対して連絡をしたり、交渉をしなければいけないこともあります。そのため、精神的な負担はとても大きなものとなるでしょう。手続きを進めるための時間も必要となります。普段仕事をしている方は、債務整理の手続きをするための時間をなかなか捻出できないでしょう。もしどこかで失敗してしまえば、借金の問題を解決できなくなります。

基本的に債務整理の手続きについては弁護士に依頼をした方が無難な選択となります。その方が精神的な負担も軽減されるでしょう。債務整理にもいろいろな方法が存在するため、自分に最適な方法を選ぶためにも弁護士を頼るべきでしょう。

自己破産や債務整理

お財布借金に苦労している方がどんどん増えています。日本は不景気な時代がずっと続いています。正社員になれなくてずっと派遣やフリーターとして働いている方が増えているのです。こうなると借金をしたとしても、その返済に苦労してしまう方が多いでしょう。正社員のように安定した働き方ができない人が増えており、借金を滞納してしまったり、返済が困難になってしまって苦労している方が多いです。これは社会問題にもなっています。

日本では借金返済で困っている方のためのさまざまな制度が用意されています。それらを活用することによって、借金を減額してもらったり、あるいは支払いを猶予してもらうことができます。そのような方法として自己破産や債務整理があります。これらの方法があることを知っておけば、万が一自分が将来借金に苦労することになったとしても、すぐに対処ができるでしょう。

自己破産や債務整理というのは法的な手続きであり、個人ですべての手続きをすることは不可能ではありません。しかし、基本的には多くの方が弁護士に依頼をして手続きをしています。それでは自己破産や債務整理の手続きの際に弁護士に依頼するのは必須のことなのでしょうか。弁護士への相談や手続きなどについて説明しましょう。現在借金で苦しんでいる方もそうでない方も、ぜひとも知っておくべきこととなります。借金返済の問題を解決するために弁護士を利用することがどれだけ大切なことなのか教えましょう。